ダイヤモンドの真実 井上一夫

20220725DMgazo1F.jpg
ダイヤモンドの真実 井上一夫

この度は、長年の研究により発見し実証した、ダイヤモンドが最良に輝くためのプロポーションについて(市場で最高品質とされるダイヤモンドは、ある理由から最良のプロポーションであるとは限りません。)、またダイヤモンドのファイヤースコープシステムについて、そして最良にカットされたダイヤモンドの放つ光(ハート&アロー文様)をご覧いただきたと思います。 井上一夫

日程:2022年7月25日(月曜日) ~7月31日(日曜日)
時間:11時 ~18時(※初日13時から/最終日16時まで)
会場:銀座幸伸ギャラリー1階 / 地図
DSC_1386_2022080216090138f.jpg DSC_1395_20220802160911aeb.jpg DSC_1397_20220802160913c69.jpg DSC_1398_20220802160914683.jpg DSC_1392_2022080216090681a.jpg DSC_1393_202208021609080db.jpg DSC_1390_2022080216090517b.jpg DSC_1388.jpg DSC_1387_2022080216090220d.jpg DSC_1394_2022080216090974b.jpg DSC_1380_20220802160857cb8.jpg DSC_1385_20220802160859e6a.jpg


約138億年前、1点に集中した無限大のエネルギーの爆発で大宇宙は誕生したといわれる。全ての銀河系、全ての星々が同一の1点から発生したとすれば、その全てに共通した何か、共通の核といえるものが存在しているのではないか、そのように大仏師 西村公朝師(天台大仏師法印号授与、勲三等瑞宝章、他)は想像された。そして地球、『それが地中より噴出され、外皮に在る私たち人間の目と、手で触れる位置にまで姿を現している一つの石、これがダイヤモンドではないだろうか。(中略)ファイヤースコープで実証された最良にカットされたダイヤモンドの光明は、不思議な幻想の世界へと、私たちの目と心を楽しませてくれる。そうなると、ダイヤモンドは高価な石としての単なる装身具的・虚栄的・憧れ的などという不純なものではない。それこそ、神・仏がもつ本心の輝きを、現実のものとして目にし、その神・仏の実体に触れたような感触に陶酔させられる。(西村公朝著「宇宙の核光」より抜粋)。』
ダイヤモンドの品質は①色(Color)、②透明度(Clarity)、③大きさ(Carat)、そして④カット(Cut)によって決まります。これがいわゆる「ダイヤモンドの4C」です。①~③はそのダイヤモンドが生まれながらに持つ才で人の手は届きません。しかし唯一、④カットは人の手に、あえて言えば人の信念に左右されるのです。



※ なお、7月29、30日14:00~16:00には西村公朝師のご子息で京都・愛宕念仏寺ご住職の西村公栄師による土仏作りのワークショップ(参加費:2,000円)がございます。参加ご希望の方はダイヤモンドの真実事務局(沖田090-6133-1805)までお申込みください。

日程:2022年7月25日(月曜日) ~7月31日(日曜日)
時間:11時 ~18時(※初日13時から/最終日16時まで)
会場:銀座幸伸ギャラリー1階 / 地図



<No,368>




Posted in 展覧会の記録
銀座幸伸ギャラリー

銀座幸伸ギャラリー


お問い合わせ…
ご利用について…
・ 展覧会の検索… ↓

▼ 下記項目別に表示します
インフォメーション (4)

< 開催中の展覧会 > (0)

今後の展覧会 (18)

2024年 -予定表- (1)

2023年 (1)

2022年 (1)

2021年 (1)

2020年 (1)

2019年 (1)

2018年 (1)

2017年 (1)

2016年 (1)

2015年 (1)

2014年 (1)

2013年 (1)

2012年 (1)

2011年 (1)

2010年 (1)

2009年 (1)

2008年 (1)

2007年 (1)

2006 - 2005年 (1)

展覧会の記録 (392)

2023年展覧会ダイジェスト
リンク
counter
このページの作品画像や文章等を無断転載あるいは改変し再使用する事を(美術系サイトを除き)禁止します。また作品画像の権利は作品の作者にあり、使用許可・問合せなどありましたら当方までお願い致します。

QR code
QR